2020年7月29日水曜日

「愛人に財産遺したいけどバレるのは嫌」不倫父が最終手段を…

「愛人に財産遺したいけどバレるのは嫌」不倫父が最終手段を…

https://gentosha-go.com/articles/-/27540

 

本文に「生命保険金を受け取る権利は法律上、受取人がもつ固有の権利として、相続財産には含まれませんから、法定相続人でない愛人でも、生命保険の受取人にさえしておけば、受け取ることができるわけです。」とあります。

 

 

相続財産は2種類

①「民法上の相続財産」~土地、預貯金、株券など

②「受取人固有の相続財産」~死亡後にできる財産・・死亡保険金、死亡退職金などを『みなし財産』と言って、『渡したい人に渡せるお金』です。

 

遺言書も遺産分割協議書も関係なく、受取人を指定でき、その人に保険会社から直接振り込まれます。死亡退職金は会社によって違いがありますが、事前に受取人を指定しないといけません。

 

ここで『受取人の記載』が大切です。

生命保険の場合、どこの保険に加入し、受取人は誰なのかを把握しておくことが大切です。

 

例え話ですが、離婚経験がある場合、受取人は元の相手のままになっていませんか?




終活って、、気になるあなたへ~

 

あなたの 心配が解消します!

誰に頼ったらいいのか…分からない方に朗報

【心託サービスの無料相談・資料請求を承ります】

面倒な手続、入院、介護、葬儀、お墓、相続、他

  終活の解決方法、何かお探しですか?


0 件のコメント:

コメントを投稿